セントラルミラートレーダー 評価

セントラル短資FX「セントラルミラートレーダー」のメリット評価

セントラル短資FX「セントラルミラートレーダー」のメリット評価

メリット評価をまとめると

@1,000通貨単位(最小取引数量5,000通貨)で自動売買が行える

A300種類以上のストラテジ(売買ルール)を搭載

B専用サポートツール「シストレ広場」の存在

Cシストレ広場には様々なサポートツールが提供されている

D同じミラートレーダー系FX業者の中でもスプレッドが狭い


最大のメリット評価は、1,000通貨単位(最小取引数量5,000通貨)から自動売買が行えるという点。
シストレが行えるところは他にもいくつかありますが、少額から取引できるところは意外と少ないのが現状。

なかでも簡単に自動売買が行えるミラートレーダー系ではその数が激減します。(操作難しいMT系はそこそこ存在)
ミラートレーダー系の魅力はストラテジ(売買ルール)を選ぶだけで簡単にシストレが行えるところ。

セントラルミラートレーダーでは300種類以上のストラテジが搭載されているため、様々な取引が簡単に行えるという魅力もあります。
また、それらをうまく使いこなすための専用サポートツール「シストレ広場」の存在も心強いところ。

シストレ広場では、ランキング表示機能・ストラテジ検索機能・ポートフォリオ機能・お気に入り機能など、様々なサポートツールが提供されています。
まずはこれらをうまく使いこなすことから始めるのが取引の第一歩。

また、同じミラートレーダー系FX業者の中でもスプレッドが狭いという点も見逃せません。

こちらセントラルミラートレーダーの口コミや評判を見たい方はコチラ

セントラル短資FX「セントラルミラートレーダー」のデメリット評価

セントラル短資FX「セントラルミラートレーダー」のデメリット評価

デメリット評価をまとめると

@取引できる通貨ペアが少なめ

Aストラテジ数が平均的

BMT4(メタトレーダー)系に比べるとスプレッドが広い


最大のネックは、他のミラートレーダー系と比べると取引できる通貨ペアが少ないという点。
とはいえ、主要なところはもちろんしっかりと押さえているため、ここはそこまで気にする必要はないかなと思います。

次にストラテジ数が多いところに比べると少ないという点も気になるところ。
こちらは全体では平均的な数となっています。

また、これはミラートレーダー系業者全てのネックですが、同じ自動売買が行えるMT4系業者と比べるとスプレッドはどうしても広くなってしまいます。
ただし、その分、簡単にシストレが行えるというメリットがあります。

新たに台頭してきたシストレ業者です。
まずは情報をしっかりと吟味していきましょう。

ここでは、セントラル短資FX「セントラルミラートレーダー」のメリット・デメリット評価について解説していきます。
利点と弱点からしっかりと既存のところと比較していきましょう。

良いと判断すれば、積極的に乗り換えを考えていきましょう。
こういった投資は、有利な取引環境でトレードを行う方がメリットも多いですから。